トップへ

◆VS真空容器(食品 真空 密閉 保存 容器)の直販ショップ です。 お買い得製品情報/キッチン便利情報も満載!   


ホームセレクト・ショップ販売価格製品仕様通信販売法に基づく表記送料・手数パーツ・ショップ簡単!使用方法

試験報告 第 NA397030292-2 号   保存試験
1 依頼者      光金属工業株式会社
2 検  体     真空密閉保存容器
3 試験日的
  
検体に入れた米飯に大腸菌、黄色ブドウ球菌及びサルモネラの菌液をそれぞれ接種し、電子レンジ処理し、保存試験を行う。
4 試験概要
   検体に入れた米飯に大腸菌、黄色ブドウ球菌及びサルモネラの菌液をそれぞれ接種し、電子レンジで90秒間処理した後,フタの中央部を2〜3回押して密封し,5±1℃ 5日間保存した。これらの菌液接種直後、電子レンジ処理後及び5℃保存後の生菌数を測定した。なお、平行測定で2回試行した。
5 試験結果
      結果を表−1に示した。

表−1 保存試験結果

試 験 菌

測  定

米飯米飯1g当たりの生菌数



大腸菌

菌液接種直後

4.3×105

5.1×105

電子レンジ90秒間処理後

<100 <100

5℃ 5日間保存後

<100 <100



黄色ブドウ球菌

菌液接種直後

6.9×105

4.0×105

電子レンジ90秒間処理後

<100 <100
5℃ 5日間保存後 <100 <100



サルモネラ

菌液接種直後

2.6×105

2.5×105

電子レンジ90秒間処理後

<100

<100

5℃ 5日間保存後

<100

<100

                            <100:検出せず

6 試験方法
1)試験菌株
      Escherichia coli IFO 3972(大腸菌)
      Staphyloccus aureus IFO12732(黄色ブドウ球菌)
      Salmonella enteritidis IFO3313(サルモネラ)
2)試験培地
      NA培地:普通寒天培地[栄研化学梶n
      DHL培地:DHL寒天培地[栄研化学梶n
      EY培地:エッグヨーク食塩寒天培地[栄研化学求n
3)菌液の調製
 NA培地で37±1℃,16〜24時間前培養した試験菌株をNA培地に再度接種して 37±1℃・16〜20時間培養した菌体を生理食塩水に均一に分散させ,1ml当たりの菌数が約107 となるように調製した。
4)試験操作
 検体各2個に,炊飯後室温まで冷却した米飯160gを入れ,それぞれ菌液1.6mlを接種し,よく混合した。これらを電子レンジ(発振周波数2,450MHz,出力500W)で1.5分間処理した後,フタの中央部を2〜3回押して密封し,5±1℃5日間保存した。
5)生菌数の測定
@ 大腸菌及びサルモネラ
 菌液接種直後,電子レンジ処理後及び5℃保存後に米飯の生菌数を、DHL培地を用いた平板塗抹培養法(37℃1日間培養)により測定し,米飯1g当たりに換算した。
A 黄色ブドウ球菌
 菌液接種直後,電子レンジ処理後及び5℃保存後に米飯の生菌数を、EY培地を用いた平板塗抹培養法(37℃2日間培養)により測定し,米飯1g当たりに換算した。

試験:財団法人日本食品分析センター