トップへ

◆VS真空容器(食品 真空 密閉 保存 容器)の直販ショップ です。 お買い得製品情報/キッチン便利情報も満載!   

ホームショップ製品価格表通信販売法に基づく表記お見積もりお取扱店パーツセンター真空容器って?



煮沸後、急冷試験   →問題なし  

VS真空容器に約85℃のお湯200ccを入れ電子レンジで沸騰するまで加熱します。真空密閉した後そのままま冷蔵庫(約5℃)で冷やします。冷却された状態で容器内は0.2気圧程度の減圧状態になります。強い材質を使用しているVS真空容器は破損することもありません。


煮沸状態からの密閉試験→問題なし  し  

VS真空容器に約85℃のお湯200ccを入れ電子レンジで沸騰するまで加熱します。そのままの状態で真空密閉した後、静かに冷やしてゆくと、容器内では沸騰がしばらくの間続きます。これは容器内の水が低温沸騰状態になっていることを現し、容器内の空気が水蒸気によって追い出され、容器内の圧力がその時の温度の飽和水蒸気圧以下になっていることを証明しています。


減圧状態での衝撃試験(落下)→問題なし   

VS真空容器に約85℃のお湯200ccを入れ真空密閉した後室温まで冷やします。この状態で容器内は0.4気圧程度の減圧状態になります。このままの状態で、約1.5mの高さから床に落とします。VS真空容器は強い力で密閉されており、フタが開くことも破損することもありません。


減圧状態での衝撃試験(ハンマー)→問題なし

VS真空容器に約85℃のお湯200ccを入れ真空密閉した後室温まで冷やします。この状態で容器内は0.4気圧程度の減圧状態になります。このままの状態でフタの中央部を小ハンマーで叩きます。衝撃に強い材質を使用しているVS真空容器はフタが開くことも、破損することもありません。